Premiere Pro ワークスペースの種類調べました

Premiere Pro

Premiere Pro 2020 のワークスペースを全部確認してみました。

使用するツール

  • ワークスペース

ワークスペースの種類

ワークスペース
ワークスペース

ワークスペースにはデフォルトで

  • 学習
  • アセンブリ
  • 編集
  • カラー
  • エフェクト
  • オーディオ
  • グラフィック
  • ライブラリ
    あと上の画像では隠れていますが、
  • メタデータ編集
  • プロダクション
  • 全てのパネル
    があります。順番に見ていきます

学習

学習

その名の通り、Premiere Proを学習するためのワークスペースです。

左の学習パネルの項目をクリックすると、使い方を練習することができます。

学習

学習パネルの一番上にある、”Premiere Pro 概要”を選択してみました。
左側にパネルの説明がありますが、、、例えば

パネル 1:プロジェクトパネル
プロジェクトで使用するメディアアセットをインポートし、整理します。

パネル 2:ソースモニターパネル
インポートしたクリップを編集前にプレビューします。

パネル 3:プログラムモニターパネル
作成しながらプロジェクトをプレビューします。

パネル 4:タイムラインパネル
クリップを整理し、編集して、実際のプロジェクトを作成します。

うん、単語 が分かりませんね。
このあたりの単語も今後学習が必要です。

アセンブリ

Googleで調べてみると、

部品を集めて組み立てる」といったう意味でよく使用されています。

どうやら、動画の素材を組み立てという意味みたいです

アセンブリ

アセンブリのワークスペース(上の画像)を見ると、

・左側のプロジェクトパネル→動画や音声の素材を選択するところ

・右上のプログラムパネル→編集後の動画をみるところ

・右下のタイムラインパネル→動画を編集するところ

といったところでしょうか。

他の、マーカーや、CCライブラリなどはまだわかりません。今後勉強しようと思います。

アセンブリ

例えば、アセンブリのワークスペースでは、左側に、プロジェクト、メディアブラウザー、マーカーなどのパネルがまとめて配置されています。

これらにカーソルを合わせると、三本線の記号が出てきて、これをクリックすると、そのパネルを閉じたり移動することができるようです。

自分が編集しやすいようにワークスペースをカスタマイズできるんですね。プロは自分のワークスペースをお持ちなんでしょうね。

編集

編集

先ほどのアセンブリで、左側にあったプロジェクトなどが、左下に配置され、その上にエフェクトコントロールやオーディオクリップミキサーなるものが配置されています。

右側は、プログラムとタイムラインになっています。

アセンブリは、複数の動画を組み立てるのに対して、
編集は、動画にいろんな効果を与えるものなんでしょうか。

カラー

カラー

Lumetri とは Premiere Pro や After Effects に装備されている 総合的な色補正のための機能を指します。

右側のLumetriカラーで、動画の色を編集することができます。

動画の色を編集しやすいような配置になっています。

エフェクト

エフェクト

動画にエフェクトを追加するための配置です。

最後のエフェクト追加の時に使い、使用頻度が高い配置になります。

オーディオ

オーディオ

音に関する編集を行うワークスペースです。

グラフィック

グラフィック

エッセンシャルグラフィックスでは、タイトル字幕 を追加することができます。

ライブラリ

ライブラリ

ちなみに、CCライブラリのCCは”Creative Cloud”の略です。

Cloudにアップデートしている素材などを参照できます。

メタデータ編集

メタデータ編集

メタデータ = 本体に付随する追加データ とのことです。

右上のメタデータパネルで作成日や、著作権などを編集できます。

プロダクション

プロダクション

プロダクション = 生産物という意味です。

これで出来上がりを確認します。

すべてのパネル

すべてのパネル

そのまま、全てのパネルが入っています。
すごい詰め込みですね(;’∀’)

以上、デフォルトのワークスペースを全種類見てきました。

慣れてくれば自分が使いやすいようにパネルを編集して、自分だけのワークスペースを作ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました