Premiere Pro ホワイトバランス調整 簡単です

Premiere Pro

こんにちは、Takenoです。

今日はホワイトバランスの簡単な調整方法のお話です。

動画を撮影するときに、電灯の色が電球色だった場合、ビデオの設定を間違えると、オレンジっぽい色になってしまいますね。

今日は色の補正をする方法を書きたいと思います。

使用するスキル

  • Lumetri カラー パネル
  • ホワイトバランス調整
  • スポイトツール

ホワイトバランス調整 簡単です

ビデオカメラの設定を間違えた。。

ビデオカメラの設定を間違えた。。

これは動物園で、レッサーパンダを撮影したときの動画です。

色が緑がかっていますね。失敗しました。。

しかし大丈夫!Premiere Proの動画編集機能は、こんな失敗も補正することができます。

[Lumetri カラー]パネルを使用

[Lumetri カラー]パネルを使用

今回使うパネルは

  • [Lumetri カラー] パネル
  • (パネルが出ていない場合、[ウィンドウ] → [Lumetriカラー] をクリック)

になります。

[スポイトツール]で簡単補正

[スポイトツール]で簡単補正

使い方をまとめます。

  • 操作1: [Lumetriカラー]パネルを選択
  • 操作2: [ホワイトバランス]>>[WBセレクター]にあるスポイトマークをクリック
  • 操作3: 映像で、本来白く見える部分をクリック

以上で完成です。簡単ですね。

全体を見てみましょう。

色の違和感が無くなりました。 [完成]

色の違和感が無くなりました。 [完成]

レッサーパンダの顔の白い部分をベースに、全体が自然な色に補正されました。

この例では、緑っぽい映像を補正しましたが、電球色でオレンジがかった映像も同じように補正できます。

比較表示もできます。

比較表示もできます。

プログラムウィンドウの右下に比較表示ボタンがあり、これを押すと補正前後の比較ができます。

失敗した動画をたくさんお持ちのあなた。ぜひお試しください。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました