Premiere Pro ツールパネルの使い方 すべて

Premiere Pro

今回は、ツールパネルの使い方をまとめました。

ツールパネルの基本的な使い方はマスターできます。作業効率UPにつながりますので、覚えましょう。

Premiere Pro 2020 ツールパネルの使い方 すべて

Premiere Pro 2020 ツールパネルの使い方

これがPremiere Pro 2020のツールパネルに含まれる項目の全てです。

長い記事になっていますので、見たい項目が決まっていれば、Contentsから項目を探してください。

選択ツール

選択ツール

オブジェクトを選択するツールで、大体の操作はこの選択ツールを使って行います。

トラックの前方選択ツール

トラックの前方選択ツール

タイムラインパネル上で、選択したClip以降のClipをすべて選択します。

トラックの後方選択ツール

トラックの後方選択ツール

タイムラインパネルで、選択したClipより前のClipをすべて選択します。

リップルツール

リップルツール

1つのClipのINとOUTを調整できます。
タイムライン全体の時間も変わりますので、注意が必要です。

ローリングツール

ローリングツール

境界線に接する前後のINとOUTの時間を調整します。
タイムライン全体の時間は変化しません。

レート調整ツール

レート調整ツール

Clipの再生速度を変更できます。タイムライン上で微調整をするときに約に立ちます。
右クリックから、”速度・デュレーション”を選択しても、更新できます。

レーザーツール

レーザーツール

ビデオや、音声を分割することができます。

スリップツール

ClipのIN-OUT位置を調整できます。
タイムライン上の時間は変わらないところがポイントです。

使い方は下の3つの画像を参照ください。

スリップツール
スリップツール
スリップツール

スライドツール

スライドツール

選択したClipのIN, OUTは変えません。
タイムライン全体の時間は変更されません。
選択したClipの前と後ろのClipのOUTとINを調整できます。

ペンツール

ペンツール

ペンツールでは、映像に図形を入れることができます。
簡単な編集は、エフェクトコントロールパネルを使います。

長方形ツール

長方形ツール

映像に長方形を入れることができます。
簡単な編集は、エフェクトコントロールパネルを使います。

楕円ツール

楕円ツール

映像に楕円を入れることができます。
簡単な編集は、エフェクトコントロールパネルを使います。

手のひらツール

手のひらツール

タイムラインや、動画を拡大したときに表示部分を移動することができます。

ズームツール

ズームツール

タイムラインをズームイン、ズームアウトすることができます。
Altボタンを押すと、ズームアウトになります。

横書き文字ツール

横書き文字ツール

映像に文字を入れることができます。
テロップや、タイトルを入れるときに使います。
様々なエフェクトの入れ方は、別の記事を作ります。

縦書き文字ツール

縦書き文字ツール

こちらは縦書き文字を映像に入れることができます。

Adobe Premiere Pro 2020には、全部で16種類のツールが用意されています。

バージョンが変わると少しずつ変わってくるかもしれませんが、一度基本のツールの使い方を覚えておけば、どんなバージョンでも迷うことは無くなるでしょう。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました