Premiere Pro 一時停止の効果を入れる

Premiere Pro

こんにちは、Takenoです。

今日は、動画の途中に一時停止の効果を入れる方法を書きたいと思います。

よくタイトルの部分で使われているこういったものです。

今日のスキル

  • フレーム保持セグメント

Premiere Pro 一時停止の効果を入れる

今回の素材 コインの落下

今回の素材 コインの落下

こちらが、本日使う素材になります。素材は何でもOKです。

フレーム保持セグメント を挿入

フレーム保持セグメント を挿入

まずは、動画のどの部分で止めるかを決めます。

  • 操作①.素材をタイムラインに配置
  • 操作②.停止する位置に再生ヘッドを移動
  • 操作③.右クリックで、フレーム保持セグメントを挿入をクリック

静止フレームが挿入されます

静止フレームが挿入されます

これで、静止フレームが挿入されたと思います。

  • ④.Clipが分割され、間に静止フレームが挿入されました
  • 操作⑤.Clipの長さ変更は
    • Ctrlキーを押しながら
    • または、リップルツール(B)を選択するとできます

あとは、挿入された静止フレームにタイトルだったり、エフェクトだったりを付けて完成です。

フレームを画像として書き出す方法(おまけ)

フレームを画像として書き出す方法(おまけ)

あと、おまけですが、動画の一部を画像ファイルにしたい場合は、

  • 操作⑤.〇印のついたカメラボタンを押します
  • 操作⑥.形式とパスを選択して画像を書き出します。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました