Premiere Pro パネル解説

Premiere Pro

Premiere Proで使う、パネルに関して書きたいと思います。

Premiere Pro 2020 パネル解説 01

パネルの関係

パネルの関係

練習パネルから、チュートリアルを選択した画面です。

ソース、プロジェクト、プログラム、タイムライン のパネルが出ていると思います。

ここで重要なことは、

プロジェクト で選択した動画は、ソース に映像が表示されます。

タイムライン で選択した動画は、プログラム に映像が表示されます。

最初なぜ映像が2つ出るのか不思議でした。

Filmora 8では、映像を確認するウィンドウは1つでしたので、この関係が不思議でした。


素材の動画確認と、作成した動画の確認が1画面でできると作業効率があがる。(ような気がしますね。)

ただ、ノートPCなどディスプレイが小さいと逆に見づらくなりますね。そんな時は、外部ディスプレイを準備しましょう。

ソース パネル

ソース パネル

ソース パネルとボタンの解説を並べてみました。
デフォルトのボタンは、上の画像の通りですが、右下のボタンエディターからボタンの追加削除ができます。(下の画像)

ソース パネル

右下の+ボタンを押すと、ボタンエディターが出現しそこからドラッグ&ドロップでアイコンを追加できます。
ここでは、セーフマージンのアイコンを追加してみました。

ソース パネル

セーフマージンを追加してみました。
・外側がアクションセーフマージン
・内側がタイトルセーフマージン
タイトルや、テロップを入れるときは、タイトルセーフマージン内に入れることが基本です。
再生するデバイスにより、全体表示ができない場合、文字が消えてしまうようです。
動画を編集するときは気を付けましょう。

プロジェクトパネル

プロジェクトパネル

プロジェクトパネルは、編集で使う動画や音声ファイルを登録しておきます。
また左下のアイコンで”リスト表示”と”アイコン表示”を切り替えることができます。

プログラム パネル

プログラム パネル

下のボタンに関しては、上のソースパネルとほとんど変わらないため、機能は上のソースパネルを参照願います。

タイムライン パネル

タイムライン パネル

タイムライン パネルは動画編集するためのメインのパネルになります。青い縦線の再生ヘッド位置がプログラムパネルに表示されます。
一番操作するパネルになると思いますので、詳細は後日別途書こうと思います。

オーディオメーター パネル

オーディオメーター パネル

オーディオ パネルは音量を確認できます。
また下のSボタンを押すと、片方だけの音声が出力されます。

ツール パネル

ツール パネル

画面に表示されているツールは8種類で、右下に◢マークがついているアイコンを長押しすると、類似のツールが表示されます。
トータルで16種類のアイコンがあります。
こちらも後日別記事にまとめたいと思います。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました