Premiere Pro カットの効率的な方法

Premiere Pro

こんにちは、Takenoです。

今日は自分なりの、動画Clipのカット方法をまとめたいと思います。

Premiere Pro カットの効率的な方法

レーザーツール(C)を使う

レーザーツールは、再生ヘッド以外の部分でもカットできることが特徴。

とにかく、映像をざっくりと分割したいときに使います。

編集点を追加 (Ctrl + K)

これは再生ヘッドの部分でカットされます。

その名の通り、何らかのエフェクトを加えたい場所で、よく使います。
あとは、Clipの途中で不要な部分を削除したいときにも使います。

Delete と Shift+Delete の違い

Clipをカットして、削除する場合、DeleteShift+Deleteでは動きが異なります。

  • Delete・・・Clipが削除され、他のClipは動かない
  • Shift+Delete・・・Clipが削除され、かつ他のClipも前詰めされる

QキーとWキー 前後のリップル削除

慣れれば、Ctrl+Kよりこちらの方を多用します。

再生ヘッドの置いてある位置から、Clipの前、後を全部削除してくれます。

カットして、削除という2つの動作をまとめてできるので、作業効率向上には必須のショートカットです。

Shift+QとShift+W

先ほどの、QとWキーにShiftを付けた場合です。

この場合は、Clip全体の長さは変わらず、前後のClipのOUTまたはINが伸びます。

効果としては、ツールボックスにある ローリングツール と一緒ですね。

ギャップをまとめて削除

Ctrl+Kなどでとりあえず切りまくった時に使います。

  • 操作①.ギャップを埋める部分を全部選択します
  • 操作②.シーケンス→ギャップを詰める を選択
  • ③.ギャップが無くなりました

ソースからタイムラインへ配置する方法

カットではないですが、ソースパネルから簡単にタイムラインへClipを入れる方法です。

  • 操作①.ソースパネルで、動画にIN(I)、OUT(O)をつける
  • 操作②.タイムラインへの挿入位置を⇅キーで決める
  • 操作③.(,)で挿入、または(.)で上書きできます。

困った。。映像しかカットされない場合

上の設定を見てみましょう。

シーケンス → リンクされた選択 にチェックが入っていない場合は入れておきましょう。

初心者におすすめの参考書


コメント

タイトルとURLをコピーしました