Premiere Pro 簡単なテキストの編集方法

Premiere Pro

今回は、動画に入れたテキストの編集方法を解説していきます。


この記事を読むことによって、簡単なテキストの編集がわかります。

テキストの入力方法がわからない場合ははこちらの記事を参考にしてください。

関連するスキル

テキストの入れ方

テキストの簡単な編集方法

簡単なテキストの編集方法

テキストの編集

テキストの編集

テキストの編集には、エフェクトコントロール パネルを使います。
画面にエフェクトコントロール パネルが出ていない場合は、

  • ウィンドウ→エフェクトコントロール を選択

これでワークスペースに出しておきましょう。

文字に色をつける

文字に色をつける

まずは、色の変更方法です。

  • ① “塗り”の色部分を選択しましょう。
    • (”テキスト”の項目が展開されていない場合は “>” ボタンを押して、展開してください)
  • ② 色を選択
  • ③ のように文字の色を変えることができました!

簡単に色を変えることができますね。(手順を知っていればですが。。)

背景色をつける

背景色をつける

次に背景色を付ける方法をご説明します。
背景を付ける目的は、文字を読みやすくするためであり、テロップなどでよく背景色が入った文字が使われますね。

手順は上の色の変え方と同じで、

  • ① “背景”のボックスにチェックを入れ、
  • ② 色を変更し、
  • ③ 完成となります。
背景色をつける

また、背景色には2つオプションがあり、

  • 不透明度
  • 枠のサイズ


を調整することができます。

ストロークをつける

ストロークをつける

次は、ストロークの付け方です。

もう手順はお分かりですね。 

  • ① のストロークボックスのチェックを入れ、
  • ② 色とサイズを変更し、
  • ③ 完成です。

シャドウをつける

シャドウをつける

続いて、シャドウの入れ方です。
こちらもサクッと、

  • ① “シャドウ”のボックスにチェックを入れ、
  • ② 色を変更し、
  • ③ オプションを調整し、
  • ④ 完成です。
シャドウをつける

シャドウには5つのオプションがあります。

  • 不透明度
  • 角度
  • 距離
  • サイズ
  • ブラー(ぼかし)

これらで、シャドウをお好みに調整できます。

ストローク & シャドウを付ける

ストローク & シャドウを付ける

最後におまけで、ストロークとシャドウを同時に着けた場合を解説します。

見ていただけるとわかる通り、ストロークが文字の内側で、シャドウが文字の外側になります。

ストロークとシャドウを同時に入れることにより、より文字を目立たせることができますね。動画編集で文字に注目してもらいたいときに使うと効果的だと思います。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました