Premiere Pro 図形の変形方法

Premiere Pro

こんにちは、Takenoです。

今日は図形の変形方法を書きたいと思います。

スケール変形
プラス変形

こんなのも簡単に作れます。

今日のスキル

  • 長方形ツール
  • エフェクトコントロール パネル
  • スケールの調整
    • 縦横比を固定 の解除
  • キーフレーム

図形の変形方法

図形を描写する

図形を描写する

まずは、変形させる図形を書きましょう。

  • 操作①.長方形ツールを選択
  • 操作②.図形を描写します

“デュレーション” の設定

"スケール" を使って図形を変形させます

続いて、Clipの長さ(デュレーション)を設定します。今回は5秒の動画を作ります。

  • Clipを選択して右クリック
  • 操作③.速度・デュレーションを選択
  • 操作④.デュレーションを5:00 にします。

“スケール” を使って図形を変形させます

キーフレームの挿入

続いて、エフェクトコントロールパネルでスケールの設定を行います。

  • エフェクトコントロールパネルがない場合は、ウィンドウ→エフェクトコントロール を選択
  • 操作④.スケールを操作していきます。

1つ目(0:00)のキーフレーム

1つ目(0:00)のキーフレーム
  • 再生ヘッドが0:00なのを確認して、
  • 操作⑤.スケールのストップウォッチを押します。(白から青になります)
  • 右のタイムラインに◇(の半分)が付いたことを確認してください

キーフレームとは何かわからない方は、こちらの記事が参考になると思います。

2つ目(2:15)のキーフレーム

2つ目(2:15)のキーフレーム
  • 操作⑥.再生ヘッドを2:15に持ってきます
  • 操作⑦.スケールを0にします。

3つ目(5:00)のキーフレーム

3つ目(5:00)のキーフレーム
  • 操作⑧.再生ヘッドを5:00に持ってきます
  • 操作⑨.スケールを100にします。

3つのキーフレーム完成

3つのキーフレーム完成

これで設定は完了です!!

3つのキーフレームが入って、スケールが100→0→100となっています。
これを再生すると、このようになっていると思います。

スケール変形

縦横比を別々に変更する場合

縦横比を別々に変更する場合

今回、スケールで 縦 と 横 を一緒に変更しましたが、

  • ⑩.縦横比の固定のチェックを外す

ことによって、スケールが、垂直と水平に分離しました。
垂直、水平にそれぞれスケール100→0→100のキーフレームを打つとこうなります。

水平方向変形
垂直方向変形

また、この2つを一緒に表示させると

クロス変形

このように、+が動く動画になります。

組み合わせは無限大です。みなさんもいろいろと試してみてください。

初心者におすすめの参考書

コメント

タイトルとURLをコピーしました