4449の株価 ギフティは「電子チケット」で成長 2020夏

株 銘柄

今回は 『4449 ギフティ 』ってどんな会社?を見ていきたいと思います。

最後に個人的な調査結果をまとめました。

4449 ギフティ

ギフティってどんな会社?

まず業種は【情報通信】で、市場は【東証マザーズ】になります。

【貸借】銘柄になります。

基本情報

設立は10年前の【2010年8月】で、上場は【2019年9月】になります。

連結99名, 平均33.2歳, 年収568万

決算月は12月なので注意が必要です。

事業内容

商品・サービスと交換できる電子チケット・eギフト発券・流通を一貫して展開しています。

▼部門ごとの詳細
・giftee 11%
・gifteeforBusiness 62%
・eGiftSystem 23%
・地域通貨他 4%

?ちょっとよくわかりませんね。

比較会社としては[3923 ラクス]や、[3696 セレス]などが挙げられます。

ギフティのお金関係は?

時価総額は、【776億円】になります。

業界でのポジションは、【他産業サービス・製品(PR・販売促進)】で、253社中、38位です。

主な販売先は、ローソンです。

自己資本比率

20年3月期は、86.1%。

ROE

19年12月期は 16.6%
20年12月期は 19.9% (予想)

非常に高い

営業利益

4449_ギフティ 営業利益
・19年12月期 5.38億円
・20年12月期 10.41億円 (会社予)
・20年12月期 8億円 (予)
・21年12月期 10億円 (予)

チャートは右肩上がりで、営業益も右肩上がり。
ただ、会社予想が高すぎる点が気になる。

営業利益率

4449_ギフティ 営業利益率
・19年12月期 30.4%
・20年12月期 40.3% (会社予)
・20年12月期 40.0% (予) ⇒優良株
・21年12月期 40.0% (予)

40%!?すごい
営業利益率・・・営業利益を売上高で割った数値です。
 (式) 営業利益 ÷ 売上高
 この数値が高いほど、効率よくお金を稼いでいることになります。
 逆に数値が低いと、商品を多く売っても、あまりお金を稼げないということになります。
 本サイトでは、10%以上を【優良株】として取り扱います。

増収率

4449_ギフティ 増収率
・19年12月期を100%とすると
・20年12月期 146.2% (会社予)
・20年12月期 113.2% (予)
・21年12月期 141.5% (予)

増収率・・・年度ごとの売上高の比を%であらわしたものです。
 企業の売上高の増え方を確認するための指標です。
 成長している会社は、この数値が右肩上がりに増えていきます。
 本サイトでは、次年度が120%以上を【成長株】として取り扱います。

1株益

4449_ギフティ 1株益
・19年12月期 15.8円
・20年12月期 20.7円 (予)
・21年12月期 24.5円 (予)

順調に伸びています。

キャッシュフロー

4449_ギフティ キャッシュフロー
19年12月期
・営業CF 74
・投資CF -143
・財務CF 2024
・現金等 3182
単位は百万円

キャッシュも十分

ギフティの将来は?

業績の予想

【成 長】
eギフトは新型コロナ影響でキャンペーン実施の延期などが相次ぎ、柱の企業向けは前半苦戦した。

ただ後半、金券など紙からのシフト需要が一層拡大すると予想している。

トピック、材料

【拡充】
動画配信サービスのプリペイド、出前関連、Webカタログ等の、巣ごもり消費系ギフトを急ぎ拡充させている。

先払い式電子チケットの仕組み使い、苦境のリアル店舗支援している。

ギフティの株価など

指標

・2020年9月16日現在 株価は2912円

・今期PER=141.11倍
・来期PER=119.22倍
・PBR=21.63倍

※参考までに、マザーズの情報・通信業は116社
 平均PER=256.9倍
 平均PBR=10.3倍

マザーズの情報系は異常にPERが高いですね。
PER=141倍で、平均より低いなんて。

直近の決算情報

・直近の決算は、8月14日の2Q決算 です。
・進捗率は、17.4%・・・
・次の3Q決算日は未定です。

分析結果 (レーダーチャート)85/100点

4449_ギフティ レーダーチャート
最後に自己分析結果は上のレーダーチャートになります。

好成績ですが、進捗率の低さが気になります。

新しい事業の分野で、営業利益率は驚異の40%!!

今後も継続して監視していきたいと思います。

(※あくまで個人の見解です。投資は自己判断でお願いします)

まとめ

4449 ギフティってどんな会社?を調べました。

商品・サービスと交換できる電子チケット・eギフトの発券・流通を一貫して展開している企業です。

売上高は順調に右肩上がり、営業利益率が驚異の40%で今後期待の成長株です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました